ボラみみ連載「できることもちよりで行こう!」4月号(最終回)

草の根ささえあいプロジェクトは、月刊ボランティア情報誌「ボラみみ」で2013年5月号から、1年間連載を持たせていただいた「できることもちよりで行こう!」、ついに今回で最終回を迎えました!

 

1年間全11回の貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました。ボラみみ連載を通じて出会えた奇跡、その時その時のリアルタイムで刻むことができた軌跡を大切にして、これからも歩みを続けていきたいと思います。

 

 「ボラみみ」は、毎月11,000部発行されているフリーペーパーです。名古屋市内および近郊各所で配布されています。ぜひ手にとって見てくださいね!

 

そして、遠方のみなさまのために、ボラみみ情報局のご厚意により、このブログで、連載記事をひと月遅れで掲載させていただいています。

 

4月号(最終回)のタイトルは、「困っている人」から学びたい! ~当事者からみた相談支援のあり方に関する研究~」です。

 

「現場の声を聞き、「こうしたらいいのでは?」という提案を自分たちでも実際にやってみるのが私たち草の根ささえあいプロジェクトの活動スタイルです。私たちが昨年度1年間かけて取り組んだ調査から見えてきたことをご紹介します。

 

調査名は「複数の困難を同時に抱える生活困窮者へのヒアリング調査に基づく、当事者サイドからみた相談支援事業のあり方に関する研究」。複数の困難を同時に抱える当事者にヒアリングをすることによって、彼らが相談員とどのような関係を構築すればより良い支援につながるかを明らかにするものです。

 
連載記事では、そのエッセンスをご紹介しました。
お読みいただき、関心を持っていただけたら、5月24日に開催するイベント「生活困窮の課題を地域でどう解決してゆくか〜支える側と支えられる側の関係を超えて〜」にもご参加いただけたらうれしいです。
 
お申し込みはこちらの「こくちーず」からどうぞ
http://kokucheese.com/event/index/153808/
=========================================
「生活困窮の課題を地域でどう解決してゆくか〜支える側と支えられる側の関係を超えて〜」
日時:平成26年5月24日(土)
第Ⅰ部 10:30~12:00
第Ⅱ部 13:00~15:50
第Ⅲ部 16:10~17:30

場 所:名古屋市中小企業振興会館吹上ホール
(地下鉄吹上駅5番出口より徒歩5分)
定員:300人
参加費:第Ⅰ部 無料 / 第Ⅱ部・第Ⅲ部(通し) 1,500円
==========================================
できることもちよりで行こう!4月号
草の根ささえあいプロジェクトのボラみみ2014年4月号連載記事です。
ボラみみ4月号.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 899.9 KB
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

関連リンク

草Pブログ