草の根ささえあいプロジェクトメールマガジン Vol.20


草の根ささえあいプロジェクトメールマガジン Vol. 20


このメールマガジンは草の根ささえあいプロジェクトの正会員・賛助会員の

皆さまにお送りしております。

                         2015年1月6日発行


あけましておめでとうございます。

草の根ささえあいプロジェクトは、居宅介護事業所でこぼこは1月1日から、

子ども・若者総合相談センターは1月5日から業務を開始しました。


こちら愛知では、珍しく、うっすらと雪景色のなか、静かなお正月を迎えました。

2015年も、いろいろな出会いやご縁があるといいなと祈りながら。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

(草の根ささえあいプロジェクト 彦坂、上原)


目次===================================================


1.代表コラム

『夢想家でありつづけること』


2.ご案内

■1/30(金)まるナゴ1月定例会


======================================================


1.代表コラム


新年あけましておめでとうございます。

旧年中は私たち草の根ささえあいプロジェクトを、支え見守ってくださり、本当に

ありがとうございます。


法人化してからやっと3年目を迎えた、私たち草の根ささえあいプロジェクト。

毎年メンバー同士で「怒涛のような一年だったね・・・」「急成長の一年だったね」

と口々に言い合うのが年末の常ですが、昨年もまた、例年以上に目まぐるしく、そして

沢山のチャレンジに恵まれ、向き合うことのできた一年でした。


厚生労働省社会福祉推進事業を受けて取り組んだ『当事者へのヒアリングから、相談事業の

在り方を解明する調査』。2年目を迎える、『名古屋市子ども・若者総合相談センター』。

障害をお持ちの方の居宅生活を支える『居宅介護事業所でこぼこ』。

その「でこぼこ」や「子ども・若者総合相談センター」をサポートするボランティアバンクの

『猫の手バンク』。


生活困窮者自立支援制度においては、300人を超える参加者を集めた、シンポジウムを主催。

オリジナルワークショップの『できることもちよりワークショップ』の各地での開催や、

発達障害支援の研修会も開催しました。

そして、新たなチャレンジとして名古屋市の委託を受けてスタートした、生きづらさを抱えた方の

就労をサポートする『就労訓練推進事業~中間的就労~』。


いつもいつも、大きなチャレンジの機会を頂き、身の丈を越えたその機会に<恐れ>を

抱きながらも、周りの人々に支えられ助けられながら、自分たちのミッションとして、

試行錯誤を続けるわたしたち。


そのプロセスで出会う多くの人たちの心からの優しさや、テキストだけでは発見できない

たくさんの気づき、そしてメンバーひとりひとりの成長は、いつでも私たちの予想を大きく

越えていきます。


そしてこの試行錯誤は、必ず取り組んだこと以上の<次の課題>を、私たちの目の前に

運んでくれます。


その目の前の困難を追求すればするほど、新たに出現する課題は堆(うずたか)くなりますが、

私たちはそれを「あきらめる」という方法を知りません。


なぜなら私たちの目の前には、生活基盤を奪われ、コミュニティから遠ざけられ、さんざん

人生を苦労しながらも、それでもなお再び私たちとつながってくださり、決して自分の人生

を諦めず、力強い足取りで生き生きと暮らし直すことを選んだ人たちがいるからです。


ーーー私たちが進む方向は、いつも彼らが教えてくれます。


草の根ささえあいプロジェクトは、その示された方向に進む道のりがどんなに遠くて険しくても、

その理念が非現実的な理想論にしか聞こえなくても、決してあきらめず明るく歩み続ける

「夢想家」でありたいと思っています。


ジョン・レノンも歌うように、夢想家には<仲間>が必要です。

仲間がいれば、夢が現実になる日が必ず来ます。

心から幸せなことに、私たちはたくさんの多様で愉快で温かい仲間、そして応援してくださる

方々に恵まれています。

だから私たちは、夢想家で在り続けることができます。


どうぞみなさま今後も、未熟な私たちにお力添えください。

そして私たちと時間や場所を同じくする仲間として、一緒に語り合っていただけたら、本当に

うれしく思います。


本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

(一般社団法人草の根ささえあいプロジェクト 代表理事 渡辺ゆりか)



2.ご案内

■まるナゴ1月定例会のご案内


2012年度に愛知県の新しい公共事業を委託し、名古屋、西三河、東三河の3地域で『できる

こともちよりワークショップ&支援立ち上げプロジェクト』を実施してからまる2年が経ちました。

この『支援立ち上げプロジェクト』として、定期的に活動を続けているのが、西三河の「発達障害

の会」、東三河の「やらまい会」と「大人の子ども会議」、そして名古屋の「まるナゴ」です。

「まるナゴ」は、試行錯誤を繰り返しながらも、連携の取りやすい顔の見えるネットワークを構築

するために、月1回の定例会を開いています。


年明け1回目の定例会は、がちんこのケース検討会を開きます。

ご本人がその人らしく生きていくための支援に取り組まれているみなさんのお知恵をお借りしたい

と思っています。是非ともお集まりください。初めての方でも大歓迎です。


<開催概要>

日時:1月30日(金)19:00~

場所:名古屋市子ども若者総合相談センター 会議室

参加費:200円

お申し込み:kp.grassroots@gmail.com(永井) までお申込みください。



---------------------------------------------------------------------------------------------------

★事務局からのお願い

メールアドレスを変更されました際にはご連絡いただけますようお願いいたします。


======================================================

★編集発行

一般社団法人 草の根ささえあいプロジェクト 事務局(彦坂、上原)

〒453-0041

愛知県名古屋市中村区本陣通5丁目6-1 地域資源長屋なかむら


MAIL         kp.grassroots@gmail.com

WEB          http://grassroots.jimdo.com


☆Facebookもやっています!(最新情報はこちらでどうぞ☆)

http://www.facebook.com/grassroots.p


コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

関連リンク

草Pブログ